フロアコーティングはフローリングだけのものなのでしょうか。

イメージとしてはフローリングのピカピカな床が想像されますよね。

傷を防止したり防水、防カビだったりという効果を期待するものなので、新しい住居ならばいろいろなところにやってみたいと思うかもしれません。

現在は種類も多くあるようで、いろいろな素材の床に対応できるようです。

床以外のコーティングを同時に行うことができる業者も多いので、予算の都合が合えばいろいろお願いしたいものですね。

賃貸住宅などでフローリングが傷んでくるとクッションフロアと呼ばれるシートに変えることがあります。

マンションであれば騒音の問題でクッションフロアにする場合もあるかもしれません。

賃貸住宅に住んでいる方がフロアコーティングをするという場合、オーナーの了承を得たりする必要があるかもしれませんが、クッションフロアでもフロアコーティングを行うことができる業者もあるようです。

クッションフロアがよくつかわれている洗面所やトイレ、キッチンの床をコーティングしたいと思うのは私だけではないと思います。

一般的な家庭や企業がフロアコーティングを利用しているのかと勝手なイメージで思っていて、企業の規模も大きなものではないのではと思いながら、施工例の写真調べてみました。

多くの公共機関でも利用されているということが分かり、しっかりと施工例の写真も載っていました。

びっくりしたのは空港です。

あの広さをコーティングするなんていつやるの?

と言うのが感想ですが、確かに空港の床はいつでもピカピカしていますよね。

清掃の人達のモップだけでピカピカを維持するのは大変なことです。

フロアコーティングされていたと分かれば確かに納得できます。

そう考えると、百貨店や病院など床がきれいなところでは利用されている可能性が高いと言うことですよね。

一般家庭での需要はもちろんですが、企業での需要は長期的なコストを考えると不可欠になるのかもしれません。

フロアコーティング技術も進化しているようですので、これからますます需要が高まり、一般家庭用にリーズナブルになるともっと需要が伸びてくるのかもしれませんね。