毎日、自宅の床掃除はどういった方法をとっていますか?

我が家では、マンション住まいで子供が小さいこともあり、和室と浴室以外はフローリングの上に防音のジョイントマットを敷きつめています。

玄関、廊下、キッチンも例外ではありません。

そのため、毎日行っているのは、マットの上をモップがけし、掃除機をかけるくらいです。

マットを剥いで行うフローリングの掃除は年に2回くらいしかやっていません。

フロアコーティングというものがありますが、もし我が家の床がフロアコーティングされていたら、年2回の掃除も楽になるのではと思います。

マットを剥いだ下にはかなりの汚れがこびりついているところやにじみがあるところがあります。

子供が小さいときは何が起こるか本当に分からないものです。

急に水を撒き散らしたりしますし、物を投げるのは当たり前だったりします。

新築や改築できれいになったばかりの方がいらっしゃるのであれば、傷や汚れが付く前にフロアコーティングを検討されることをオススメします。

後々のことを考えると賢い選択になるかもしれませんね。

フローリングの床が古くなると、隙間にゴミが入ったり、ひび割れしたようになったり、擦り傷がめだっていたりと、フローリングの床をきれいなまま維持するのは以外と難しいですよね。

どんどん傷も入ってきますし、最初は光沢があったのにいつの間にかガサガサにということもあります。

フロアコーティングというものがあります。

一般的な家庭での利用は、フローリングの床をコートしてくれるものです。

フロアコーティングの種類にもよりますが、ある程度金額をかけるものの施工後は清掃方法を守るときれいな状態を長持ちさせることができます。

基本的な清掃は、強く絞った雑巾での簡単な水ぶきやモップがけで、ワックスをかける必要もなく、汚れた際にはすぐに拭き取るということのようです。

種類にもよりますが、数十年も耐久性のあるフロアコーティングもあるようですよ。

ペットと一緒の家庭などにもおすすめのフロアコーティングがあるようです。

いろいろなコーティングを紹介してくれるところがこちらです。

オススメのフロアコーティングをご紹介します

種類も価格もいろいろあるようですので、相談してみてください。